大量ロールタイプの芝 芝張りをしている人

郊外で広い敷地を持ち、大規模にガーデニングを楽しむ人から、バルコニーで小規模のガーデニングを楽しむ人まで、その愛好家は年々増加傾向にある。
ある程度の敷地を持っていれば、楽しむことができると言われているのが芝張りである。
庭に芝張りを施すことで、土ぼこりを抑えたり急激な温度変化を緩和する作用があり、ガーデニングやエクステリアの一部としてや、見た目を美しくするだけではない合理的なメリットがあるのだ。
ガーデニングの一つである芝張りには適した時期があり、その時期は3~6月と言われている。
7月を超えてくると水遣りなどの管理が煩雑にはなるが、不可能ではない。
秋冬は根が休眠状態となり、根付きにくいので作業は向かないとされている。
芝張りによって美しく根付いた芝生は、レンガ等のエクステリアに良く映え、ガーデニングの愛好家に好まれる傾向にあると言われている。
張り方も様々な方法があり、目地張りや市松張りなどは、張った直後のその美しい見た目もガーデニングを彩る要素になっているのだ。
様々なエクステリアの構築と共に行われることの多い芝張りだが、管理もまた欠かせないのである。
定期的な刈り込みは勿論、雑草の手入れや肥料遣り、根切りのためのエアレーションなどが必要になる。
また、害虫等の発生を抑制するための駆除作業も欠かせない。
美しいエクステリアを保つには、芝張りの後も定期的なメンテナンスが不可欠となるのである。
エクステリアの必要性はデザイン性だけではない。
ガーデニングなどの趣味とは別に、カーポートや物置、物干しなどのサービスヤードのスペース確保もエクステリアの役割と言えるのである。
また、安全性や防犯面を高める作用もあるので、エクステリアの設計は非常に重要なのである。
芝張りやガーデニングに留まらず、様々な役割を持つエクステリア。
その役割を意識した上で設計をし、楽しむことが快適な空間を作るコツとも言えるのである。

カテゴリー

カレンダー

2017年4月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930